Bouquet法とは

Bouquet法

Bouquet(ブーケ)法は人間や動物の情動を推測するための方法で行動学・脳科学の学術的研究から生まれました(特許、論文)。
この方法は、図に示したように3つの情報(環境、自律神経、動作)を多変量解析によって統合し、情動を推測するものです。

情動(emotion)は感情(feeling)とは異なり、主として自律神経系の働きによって意識することなく表現され、嘘をつくことが困難です。
Bouquet法は、feelingではなくemotionを推測します。

以上のように、Bouquet法はIoTを通じてクラウドに集約される情報からAIを活用して新しい価値を生み出すうえでコアとなる解析アルゴリズムです。

Body Codeとは

Bouquet法の3要素のうちのひとつのことで、表情、姿勢、
動作等における随意筋(自分の意思で動かす筋肉)、不随意筋
(自分の意思で動かせない筋肉)の活動状態の分析から情動を
推測するアルゴリズムのことを指します。

Bouquet法とは 研究開発 3 研究開発 1 研究開発 2

研究開発 3を見る

研究開発 1を見る

研究開発 2を見る

特許

  • 感性評価装置、感性評価方法、及び感性評価プログラム
  • 特許第5322179号
  • 出願人 東京農工大学
  • 発明人 小柴満美子、中村俊
  • 社会性情動行動評価システム、社会性情動行動評価方法並びに社会性情動行動評価プログラム及びこれを記録した
  • コンピューター読み取り可能な記録媒体
  • 特許第5526306号
  • 出願人 東京農工大学
  • 発明人 小柴満美子、中村俊

主要な学術論文

Inexpensive Home Infrared Living/Environment Sensor with Regional Thermal Information for Infant Physical and Psychological Environment, G. Karino et al., 2020

Potential of a smartphone as a stress-free sensor of daily human behaviour, K. Mimura et al., 2015

Early-infant diagnostic predictors of the neuro-behavioral development after neonatal care, M. Koshiba et at., 2015

Development Susceptible period of socio-emotional development affected by constant exposure to daylight, M. Koshiba et al., 2014

Peer attachment formation by systemic redox regulation with social training after a sensitive period, M. Koshiba et al., 2013

A cross-species socio-emotional behaviour development revealed by a multivariate analysis, M. Koshiba et al., 2013

Development and neural basis of social behavior, S. Nakamura et al., 2012

Reading marmoset behavior 'semantics' under particular social context by multi-parameters correlation analysis, M. Koshiba et al., 2011

Effects of constant daylight exposure during early development on marmoset psychosocial behavior, A. Senoo et al., 2011